情報商材の感想・評価のサイトです。商材選びで迷ってる人はレビュー記事を参考にしてください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SEO対策してますか?

SEOとはSearch Engine Optimizationの略であり、
検索エンジン最適化を意味します。

これはやりだすとキリがないので、ほどほどがいいようです。
もしあなたに自由に使える時間が潤沢にあるなら、
いくらでもSEO対策をするとよいと思います。

しかし、各検索エンジンの順位付けアルゴリズムは定期的に
変更されていますので、
昨日の正解は今日の誤答となり、今日の常識が明日は非常識になる
ということが多々あります。

したがって、検索エンジン上位表示に一喜一憂している時間は
あまり有意義とはいえないでしょう。

ですから、例えば、アフィリエイトするうえでのSEO対策として大切なことは、
無理してビッグキーワード単体での上位表示を狙わないということです。
「英会話」、「ダイエット」、「アダルトビデオ」といった一語のみの検索で
上位表示されればそれにこしたことはありませんが、
このような対策は素人が短期間にできるものではありません。
ですから、複合語検索で上位表示を狙うのがよいでしょう。
「英会話 教材」といった具合です。

これは最近、よく言われていることであり、
そんなこと知っているよという方も多いと思います。
ロングテールとかニッチキーワードってやつですね。

初心者向けのSEO対策はそれほど難しいものではありません。
以下、SEO対策で気をつけることをいくつか書きます。

1.タイトルタグ
<title>~</title>
この~の部分にはサイトのタイトルが来ますが、
ここには上位表示を狙いたいキーワードをいくつか入れておきます。
あまりタイトルが長すぎても後半のほうは無視されるので、
長くても20文字くらいがよいでしょう。

2.H1タグ
このタグは重要度の高いタグです。
ですから、これは1ページにつき1つがよいです。
このタグを1ページにいくつも使うと重要度の分散が起きますので、
あなたが上位表示を狙いたいキーワードの重要度も下がってしまいます。

3.キーワード
普通、ホームページでもブログでも記事を書くと思います。
文章が全く存在せず、画像のみのページなんて見かけません。
(ないとは言いませんが)
あなたが狙っているキーワードを記事の上の方に書く。
これで十分です。
具体的には、この記事の場合ですと、SEOというキーワードを
記事の上の方に書いてあります。
このへんに気をつけて記事や文章を書かれたらよいと思います。
ちなみにこの記事はSEOというキーワードを意識して
記事を書いたわけではないです。
自分が伝えたい記事において重要となるキーワードというのは、
必然的に文章の上のほうにきてしまうもののようです。
このことを少し意識して記事を書いたらよいと思います。

4.キーワード出現頻度
そのページにおいてどの程度キーワードが出現するかということです。
キーワード出現頻度解析ツールで調べることができます。
狙っているキーワードが5パーセントくらいの出現頻度なら最適です。

というわけで、以上のことを意識するだけでかなりのSEO対策になると思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。